--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.09 Tue 03:39
小学校のときから、図書室で鍾乳洞の本を借りては、楽しみに見ていた私。いや、今考えると恐るべし、なオタク気質はすでに頭角をあらわしてたんですね、当時からー。


さて、25年も前の話はいいとして、今回久々に帰国時に奥多摩の鍾乳洞に行ってきました。
って、今更なレポートですけどもね。 ここ数日、ちょっと鍾乳洞のことを調べてたらw思い出して。。。あ、アップしなきゃ、番人のことをー。 と、思って。

とりあえずは、かなーり観光地化されている、日原鍾乳洞から。
s2.jpg
まぁ、入り口はなかなか雰囲気あってよい感じー

だ、だが、ちがーーーーーう!!!
鍾乳石って言うくらいなのに、乳白色しとらんじゃないかー!!! く、くろい!?

s1.jpg
き、気持ち、コケとか生えちゃってる気が。。。

とかなんとか、鍾乳洞というよりは、洞窟探検してる感は否めないものの、そこは天然の冷蔵庫。気持ちよかったー。
ですが、実はここで、くろい鍾乳石しかみれなかったことが、より一層、この後の番人との運命的な出会いを盛り上げてくれるのですわーーーw

ま、余談ですが、この後、ナイキエアトレーナーを履いて、一人ですべらない気満々だったセンセが階段から滑り落ちてきて、あわや大惨事!!!というか、実際笑っちゃってもうお腹痛くて大変でした。
「えぇーー!?格好負けしてね!?」みたいな。

そんなこんなの長い前説も終わり、いよいよ仙人、じゃなかった番人の待つ、大増鍾乳洞へ。。。

日原鍾乳洞から車で5分ぐらいといったところでしょうか、こんな手作り感いっぱいの看板が見えたら、すかさず車を止めるべきですよ、皆さん
20091012092923954.jpg

この坂の上を上った右手に、仙人A.K.A 番人(とその家族たち)が住み、左手が鍾乳洞です。
って、コレが入り口なんですが。。。
df2dfc0a.jpg

何々、「ブザーを鳴らして下さい」って、うーん、野菜の無人販売システム的な感じです。とか思ってたら、ガラッと、家の戸が開き、アーノルドパーマのつっかけを履いたロン毛の勉三さんみたいなおにーさん登場そうです、彼が家族代々で、この大増鍾乳洞を見守っている番人なのです。
もう、ロン毛といっても、ほぼギネスの域。長いんだー、これが。
ですが、なんとここの鍾乳洞、入洞の際は必ず家族の誰かが案内と解説を兼ねて付いてきてくれるのだそうです。

まずは開口一番、
「うちは短いですよー、それでもいいですか?」って、なんとも腰低めの対応。
ですが、我々は、そのインパクト抜群のおにーさんと狭い洞内で、笑わずに戻ってこれるか。ってことに不安を抱きつつも、いざスタート!!!
ていうか、番人、舌っ足らずなんだものーーー!!!ずるい。
もう、終始笑いをこらえることに必死で、解説に集中できず
ですが、さすがは番人なだけあって、鍾乳洞に関しては、とーっても博識。トリビア的な話も交えつつ、看板に偽りはない、本当に白くてきれーな、鍾乳石たちを間近で見ることができました。
番人曰く、カメラのフラッシュや、観光客の増加による、外気との接触などが原因で、鍾乳石は瞬く間にその美しい乳白色の輝きを失ってしまうそうです。

なので、あれだけ観光化されてしまっている日原鍾乳洞の現状も、なるほど、納得です。
ですが、かたやこうして個人経営ながらも、鍾乳石の美しさを守ってくれている方々もいるということがとても嬉しかったです。勉三さんは毎日鍾乳洞の案内だけで食べていけるのかなぁ?などと余計なことも心配してしまいましたがw

ということで、素敵な大増鍾乳洞は撮影禁止ですので、洞内の写真はありませぬ。
皆さんも、自身の足で、番人に会いに行ってみて下さい。かなりの面白トークが期待できることでしょう



c072_w005_topimg.jpg
大増鍾乳洞
東京都西多摩郡奥多摩町日原
交通  青梅街道から日原街道を2㎞ぐらい走った左手に写真の看板が出ています。
駐車場 約6台収容 (無料) 大増鍾乳洞入口の手前50m右側
料金  大人 400円




Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

よっぺ

Author:よっぺ
パタンナーとして、COOLでSWEETなNYデザイナーたちと日々働きながらも、ゆるーく生きるのが永遠のテーマなよっぺです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
visiter
1click please!!!
Weather Report
Click for New York, New York Forecast
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

Copyright © NEWYORKでしろくまな日々。 All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。